田舎のもてなし(単話)(商品番号:s095amdlt00122)


刊G-menで長期連載され、圧倒的な人気を集めたガチムチ野郎コミック! 書籍版は増刷を重ねるも好評完売! 最終話とオリジナルストーリーの特別編、更に特別企画『田舎のもてなし おぼえがき』もセットで配信! 海のそばの田舎町にある小さな旅館『光明』の、少し変わった風習『もてなし』。経営の危機に直面する『光明』を建て直すため、ノンケの主人公が、男相手にカラダを張って全力でおもてなし! ■最終話 吉次郎と大山田が完成させた、露天風呂のオープンから三ヶ月後。観光客も集まり始め、町に活気が戻って来た。 露天風呂第二号の工事に取り掛かる二人だったが、旅行会社の阿部が、別会社の営業の男を『光明』に連れて来る。そのがっしりした体躯と髭という風貌に、吉次郎は「もてなし」の予感を抱く。 しかし、その男が指名したのは吉次郎ではなく、兄の誠一郎であった。男に抱かれる誠一郎の痴態をのぞき見ながら、吉次郎も大山田といやらしい雰囲気になってしまい…。 ■特別編 『光明』に、ショーゴから貸切の団体予約が入る。当日やって来たのはイカつい野郎たち15人で、どうやら乱交パーティーを行うらしい。 吉次郎が迎えたその客の中は、義姉の実家に行ったはずの兄・誠一郎もおり、すっかり男遊びにハマってしまった様子だ。そして、事情を知った大山田と、ショーゴの相方・テツも後々加わることに…。 盛り上がる乱行セックスの最中、吉次郎は目隠しした誠一郎とサカり合ってしまい、大山田もテツと盛り上がる。その夜、男たちはくんずほぐれつの複数交尾に溺れていくのだが…。 ※雑誌掲載時と、同一の性器や局部の修正方法および範囲です。

作品の詳細(商品番号:s095amdlt00122)

作家名 小玉オサム 戎橋政造
メーカー メディレクト/古川書房
シリーズ 田舎のもてなし
商品価格 550円~
商品番号 s095amdlt00122
配信開始 2022-08-13 00:00:02
ジャンル
メディレクト/古川書房小玉オサム戎橋政造田舎のもてなし

コメント

タイトルとURLをコピーしました